ネイティブ語感をマスター

distinctive / distinction の意味と使い方【会話用例文】でマスター

それぞれの葉っぱの違い

 

『distinctive』の意味や使い方を知っていますか?

意味はシンプル。

  • 独特の

 

実際に僕が10年以上英語を学習して、ネイティブや非ネイティブと会話した中で、重要だと感じた表現や関連フレーズを紹介します。

【ネイティブの意見や複数の英英辞典をもとに執筆しています】

今回は使いこなしたい『distinctive / distinction』の英語表現をたくさん見ていきましょう!

英会話では絶対使う重要単語。

この記事を読めばあなたの英語力がコツコツとアップします  ^^

 

こんな記事[もくじ]

 

では例文解説とともにドンドンいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

『distinctive / distinction』の意味・発音・読み方・語源・類義語/同義語

 

では早速『distinctive / distinction』の意味・発音・読み方・語源・類義語/同義語を紹介します♪

distinctive[形容詞]:【発音】distíŋktiv【カナ・読み方】ディスティンクティヴ

発音をリスニングできます↓↓↓

意味:覆い、覆う

★同義語や類義語

distinguishing:特徴的な characteristic:特徴のある typical:代表的な individual:個人的な、独特の

©ondoku3.com

distinction[名詞]:【発音】distíŋkʃən【カナ・読み方】ディスティンクション【複数形】distinctions

発音をリスニングできます↓↓↓

意味:差異、特徴、など

 

語源的な意味は、distinguish と同じで『突き刺して分ける』

覚え方のイメージは、

明るい、ポジティブな男性

distinctive:違いが一目瞭然

 

明瞭な差がある、際立つものがある、といったイメージの英単語です。

どちらかというと少しフォーマルな場面で使います。

 

『distinctive / distinction』の意味・使い方・例文

 

ではそれぞれのパターンごとに詳しく見ていきましょう♪

👉『distinctive』の意味・使い方

 

形容詞形の意味は、独特の

ほかのものと全然違うので、すぐにそれとわかるということ。

特徴があるというのは、いい意味で使うことが多いですね (^^;

 

例文を見てみると、

👉  The painting is very distinctive.

訳:この絵はとても特徴的だ。

👉  Jiro has a distinctive personality.

訳:ジローは独特の個性を持っている。

👉  The fish is famous for its distinctive shape.

訳:この魚は、その独特の形で有名だ。

👉  The movie is more distinctive than the other one I watched yesterday.

訳:昨日見たもう一つの作品よりも特徴的な映画だ。

 

原始の人間の絵

 

👉『distinction』の意味・使い方1:差異、区別

 

名詞形の一つ目の使い方は、差異区別

ほかの人や物と違うところ、違いで分ける、という意味。

特によく似ている者同士や、関係のある事柄によく使います。

よく使う形は、

  • distinction between:~の間の区別

 

英文で使い方を見てみると、

👉  There was no distinction between the two groups.

訳:2つのグループの間に違いはなかった。

👉  There is a big distinction in their test result.

訳:彼らのテスト結果には大きな違いがある。

👉  He helped everyone without distinction.

訳:彼はすべての人を区別なく助けた。

👉  She can't recognize the distinction between reality and dream.

訳:彼女は、現実と夢の区別がつかない。

 

たくさんの時計

 

よく出てくる重要なフレーズは、

  • make/draw a distinction:区別をする

 

👉  Children can't make a distinction between safe and dangerous.

訳:子供には安全と危険の区別がつかない。

👉  It is easy to draw a simple distinction between a good product and a bad product.

訳:良い製品と悪い製品を単純に区別するのは簡単だ。

 

アイスサムネイル
参考TOEIC満点は何点?英語レベルは?【意外な事実にびっくり?】

続きを見る

 

👉『distinction』の意味・使い方2:優秀さ

 

2つ目の意味は、優秀さ

能力や素質などが優れている、卓越している、という意味で使います。

 

例文を見てみると、

👉  Akiko was a pianist of distinction.

訳:アキコは優秀なピアニストだった。

👉  Tomoko succeeded with great distinction.

訳:トモコは見事に成功した。

 

★優秀な成績や名誉という意味もあります

👉  Akira won a distinction in science.

訳:アキラは科学で優秀な成績を修めた。

👉  She graduated from the university with distinction.

訳:彼女は大学を優秀な成績で卒業した。

 

ワクチンを研究する医者

 

よく出てくるフレーズは、

make no distinction

意味:区別しない

何かを平等に扱うということ。

👉  The rule makes no distinction of nationality.

訳:このルールでは、国籍の区別はありません。

 

 

スポンサーリンク

 

『distinctive / distinction』の意味・使い方・例文まとめ

 

今回は『distinctive / distinction』の意味・使い方・例文を紹介しました♪

フォーマルなイメージの英単語ですが、リスニングでは必要になってきます。

英語のドラマや映画を見る時には、こういったあまり日常会話では使わないようなボキャブラリーがないと理解できなかったりするんです (^^;

難しそうなイメージの単語も積極的に覚えていくようにしましょう!

 

★関連する英語表現も一緒に覚えると効率的↓↓↓★

個性の英語【ユニークだけじゃない!】7つの単語を完全マスター

eccentric / eccentrically / eccentricity の意味と使い方【会話用例文】

personality / personal の意味と使い方【英会話用例文】で習得

 

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-ネイティブ語感をマスター