ネイティブ語感をマスター

roughly の意味と使い方【絵と例文】でネイティブ語感をマスター

雑にコートをかける人

 

【roughly】の意味や使い方は知っていますか?

意味はすぐに覚えられる2つのパターン!

  • 大体、おおよそ
  • 手荒に、雑に

 

実際に僕がネイティブや非ネイティブと会話して、重要だと感じた表現や関連フレーズを紹介しています。

今回は積極的に使っていきたい【roughlyの英語表現をたくさん見ていきましょう!

英会話では結構使いますよ。

この記事を読めばあなたの英語力がコツコツとアップします  ^^

 

こんな記事[もくじ]

 

では例文解説とともにドンドンいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

roughly [意味・発音・読み方・反対語]

 

では早速 roughly の意味・発音・読み方・反対語・対義語を紹介します♪

 

roughly[副詞]:【発音記号】rʌ́fli、【カナ・読み方】ラフリィ

意味:手荒に、ざっと、など

英英辞典で発音や意味を確認する ※スピーカーマークをクリックするとリスニングできます

[形容詞]rough:ざらざらした、でこぼこの

 

対義語、反対語は、

gently[優しく]、kindly[優しく]、exactly[正確に、ちょうど]、precisely[正確に、厳密に]

 

覚え方のイメージを見てみると、

雑な子供の絵

roughly:大雑把に、乱雑に

 

細かいことにはまったくこだわらない、スムーズじゃない、といったイメージで覚えましょう (^^;

 

roughly [意味・使い方・例文]

 

では2つのパターンの意味・使い方・例文を詳しく見ていきましょう♪

👉  roughly の意味・使い方1:大体、おおよそ

 

一つ目の意味は、大体、約、おおよそ

正確じゃなくて大雑把な数字、おおまかな目安、大体それくらい、といったニュアンスで使います。

よく出てくるのが、

  • roughly equal:大体同じ
  • roughly parallel:ほぼ平行
  • roughly estimated:概算では

※parallel[パラレル]:平行な、似たような

 

正確じゃないことは悪いことなんじゃないかな、と思ってしまいますよね。

でも例えば、『あと何分で着きますか?』と聞かれて、

『5分で着きますよ。』

だとなんだか少しぶっきらぼうなイメージになりますよね +_+

『おおよそ5分で着きますよ。』、『5分くらいで着きますよ。』

と答えたほうが、少し柔らかくて印象もいいと思いませんか?

シチュエーションによりますが、roughly のような英単語は使ったほうがいい時って結構あるんですよね。

 

では例文を見てみましょう!

👉  Akiko spent roughly 50000 yen.

訳:アキコはだいたい50000円くらい使った。

👉  They came at roughly the same time.

訳:彼らはほとんど同時に来た。

👉  We will arrive in roughly 30 minutes.

訳:およそ30分後に到着する予定。

👉  I think roughly half the students are foreigners.

訳:学生のおよそ半分は外国人だと思う。

👉  According to the map, this road is roughly parallel to the Yodogawa River.

訳:地図を見ると、この道は淀川とほぼ平行だ。

※according to:~によれば

地図のヒント

roughly made:大雑把に作られた

 

よく出てくるフレーズは、

  • roughly speaking:おおまかにいうと、大体で言うと

細かいことは抜きにしてザックリ言うと、簡単にまとめると、といった意味で使います。

 

👉  Roughly speaking, they are doing well.

訳:大雑把に言えば、彼らはよくやってくれてますよ。

👉  Roughly speaking, you will get a million yen.

訳:おおまかに言えば、100万円が手に入るということ。

 

 

👉  roughly の意味・使い方2:雑に、手荒に

 

2つ目の使い方は、雑に、手荒に、乱暴に

あまり細かいところまで気にせず何かをすることや、人や物に優しくしない、という時に使います。

人の性格とか個性が出てしまうところですね♪

 

英文で使い方を見てみると、

👉  He cut onions roughly.

訳:玉ねぎを雑に切った。

👉  Please don't use the camera roughly.

訳:カメラを雑に扱わないでください。

👉  You can't handle the baby roughly.

訳:赤ちゃんを手荒に扱ってはいけない。

草を引き抜く

pluck roughly:手荒に引き抜く

 

暴力的な意味にも使いますよ。

👉  Jiro opened the door roughly.

訳:ジローはドアを乱暴に開けた。

👉  Takashi snatched my phone roughly.

訳:タカシは私の携帯電話を乱暴に取り上げた。

※snatch[スナッチ]:ひったくる、つかむ

怒る、女性

 

 

👉  approximately / roughly の違い、同義語

 

※approximately[アプロクスィミトゥリィ]:大体、およそ

同義語である2つの単語のイメージの違いを見てみると、

➤ approximately ⇒ 学問的な意味で使うことが多い[フォーマル]

何かの数値や調査などに基づいた推定の数、といったイメージ。

➤ roughly ⇒ 日常英会話で使うことが多い[カジュアル]

大体のカンや想像で言っていること、といったイメージ。

 

どちらを使ってもほとんど同じ意味になるので、全然気にする必要ないですよ。

通常の英会話であれば roughly を使うほうが自然に聞こえるかと♪

発音も簡単ですからね (^^;

 

同じような意味の英単語は他にも、about / around / almost などがあります。

  • about 100 dollars
  • around 100 dollars
  • almost 100 dollars
  • roughly 100 dollars

どれもほぼ同じ意味です。

日本語でも、大体100ドル、100ドルくらい、おおまかに言うと100ドル、の3つの言い方に会話での使い分けってないですよね (^^♪

その時の気分次第、といったレベルの違いです。

このサイトでも同じような意味の英単語の違いを一応説明しているんですが、

英語学習で、同義語の違いを勉強する時間があるのなら、少しでもいろんな英語をリスニングするほうがはるかに効率的 (^^;

 

 

スポンサーリンク

 

roughly [意味・使い方・例文]まとめ

 

今回は roughly の意味・使い方・例文を紹介しました♪

日常の英会話でもよく出てくる単語なので、リスニングはもちろん、スピーキングでも積極的に使っていきたいですね。

 

スピーキングで文法や単語の使い方を間違えたりすると、恥ずかしい、と思ってしまっていませんか?

ネイティブやよっぽど英語が天才的に上手い人じゃない限り、文法を間違ったりとか、ネイティブスピーカーが使わないような表現を使うことって普通なんですよ。

意味が通じることが一番大事ですからね。

まずは何でも自分なりの英語で表現できるようになることが最優先。

そのレベルまで来てから、ネイティブの表現に近づけていけばいいんです。

 

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-ネイティブ語感をマスター