TOEIC 勉強法

TOEICで900点を取る方法【取れない理由は極々簡単です】

TOEIC900

 

たろう
TOEICで900点取るにはどれくらいの英語レベルが必要?どんな勉強をして、どれくらいかかるのかな?

 

こんな悩みにお答えしたいと思います。

 

  • こんな記事

 

  • TOEICの900点のレベルと難易度
  • TOEICで900点取るための勉強法
  • TOEICで当然使うべき参考書

 

こんな人向け

  • TOEICで600~700点前後の人
  • TOEIC800点取れる人は後半から読んでください

TOEICのおすすめ記事もどうぞ!

会議サムネイル
参考スタディサプリTOEICは評判通り最強アプリ【8か月使ってみた】

続きを見る

 

  • 記事を書いた人

ブログの管理人 slowboat

slowboat

京都府立大学卒業後、海外へ。

独学で英語をマスターしました。

TOEIC955点達成。

英語のおかげで本業の写真撮影の仕事も増えました!

 

僕も最初はTOEICで高得点を取るためのコツや裏技があるのかな?と思っていました。

でもそれはしっかりとした英語力があってのものだと気づいたんです。

 

いきなり結論をいいます。

 

【TOEICで900点を取るためのポイントは2つ】

  1. NHKの語学講座【ラジオビジネス英語】の英語を1回で90%聞き取れる英語力
  2. TOEICの試験2か月前からやる試験対策

試験のためのテクニックじゃなく、本質的な英語力をつけることが大切。試験対策のみを知りたがる人がいますが、それではTOEIC高得点は無理。

※英語力がないのにTOEICの問題をひらすら解く、TOEICの傾向を分析するとか全く意味ないです。TOEIC対策では本質の英語力が上がらないからです。

 

一番大事なのは上の1番。

2番はどうにでもなります。

 

900点取れない理由は非常に簡単

 

TOEICで高得点が取れない人の共通点は上の1番ができていない。

つまり本質的な英語力がないということです。

 

というわけで、僕が実際にTOEICを受けて学んだ勉強法を解説します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

TOEIC900点のレベルや難易度

 

TOEICで900点を取る人の割合は3~4%といわれています。

平均点は550点前後。

 

TOEICで900点が取れれば、英語ペラペラで何でも来い、のようなイメージがないですか?

でもTOEICの実際の英語レベルは【中の中レベル】。

分かりやすく言うと

 

  • 英語のドラマ 
  • BBCニュース 
  • TOEICの英語 

 

TOEICで仮に満点とっても、英語のニュースやドラマが理解できるわけではないです。

実際に僕がTOEICで900点取ったときは、BBCニュースは7割、ドラマは6割くらい理解できるレベルでした。

会話などはネイティブとは程遠いレベル。

 

TOEICはアメリカ人なら小学生でも満点が取れるレベルの英語です。

 

ということはTOEICで900点を取るのに才能とか全く必要ないということです。

誰でも高得点が狙えるテストなんです。

 

上でも書きましたが、【ラジオビジネス英語】の英語の会話が聞き取れればいいんです。

努力次第で、だれでも達成可能なラインです。

 

TOEICで900点取るまでの勉強時間

 

現在600点前後の人なら、ここで紹介する勉強法を地道にやれば、1年半あれば900点狙える位置まで来ます。

今もう800点超えてるよ、という人は後半で紹介する試験対策をやるだけです。

 

TOEICで転職や就職は?

 

TOEICで900点近くでも転職、就職にもかなり有利なのは間違いないです。

採用する側は実際の英語力もそうですが、【努力ができること】を評価します。

TOEICで900点は誰でもできることですが、継続力忍耐力が必要です。

 

TOEIC900点を取る勉強法

 

当たり前のことですがTOEICは英語能力のテスト。

基本的なレベルの英語力が必須です。

英語力が命

TOEIC勉強

 

英語力を上げるポイントは2つ

  1. しっかりとした英語プログラムで本質の英語能力をアップする
  2. 空き時間は英語以外のものを見たり聞いたりしない

 

では詳しく解説していきます。

 

1:しっかりとした英語プログラムを使う

 

冒頭で紹介しましたが、TOEICで高得点を狙うには【ラジオビジネス英語】を一回で聞き取れる能力が必要です。

 

聞いている人は分かると思うんですが、TOEICなどの国際的なテストを意識して作られています。

話し方もTOEICの試験と似てますからね。

会話のスピードは、TOEICのほうが少しだけ早いような気がしますが問題ないレベルです。

 

なのでNHKの語学講座で勉強すれば問題ないです。

他の教材がお気に入り、という方はその教材でも構わないです。

でもコンテンツの量から考えて、NHKの語学講座よりいいものを僕は知らないです。

※ほかの英語のプログラムによってはほとんど英語力がアップしないものもあります。

参考

NHKのラジオ英会話を絶対おすすめする6つの理由

NHKラジオ英語講座の圧倒的に差がつく活用術!

 

よくある質問:ほんとに無料のNHKの番組で大丈夫?

NHKの語学講座は英語や他の語学を勉強している人には基本中の基本です。

もしまわりに英語ができる人がいれば聞いてみてください。

全員がすすめると思います。

NHKの語学講座よりもいいものがあれば、僕に教えてください!

 

毎日、最低でも3つぐらいのNHKの英語講座の番組をダウンロードして会話部分を繰り返し聞いてください。

参考 NHKの語学講座をダウンロードする方法とおすすめの裏技

お勧めは

  • ラジオビジネス英語
  • ラジオ英会話
  • 遠山顕の英会話楽習

大事なのは、ダウンロードや録音をして英語部分を繰り返し聞くこと。

もう飽きた、くらいまでは聞いてくださいね!

 

ラジオビジネス英語はテキストもあったほうが、リスニング、リーディング両方を効率的に勉強できます。

 

2:空き時間は英語で!

TOEIC攻略

 

TOEICで高得点を取れる人は何が違うかっていうと、泥臭く毎日努力しているんです。

圧倒的に普段の英語の勉強時間が違います。

空いた時間はできるだけ英語を聞いたり、英語のサイトを読んだりしています。

 

僕も英語を真剣に勉強しようと決めてからは、日本語のテレビ番組や、日本語字幕を使って映画を見たりとかは一度もしていないです。

余暇の時間は英語のドラマをわからなくても見るようにしていました。

 

これをやるだけで知らず知らずに英語力が上がってきます。

逆にこれをやらないとTOEICの試験のスピードになかなかついていけないです。

 

例えば日本語でこんな風に話しかけられたとします。

  • さっき取引先から電話があったよ、Tさんが急に~。

~の部分って聞こえなくてもいくつかすぐに思いつきますよね。

  • 来れなくなったって。
  • 体調が悪くなったんだって。
  • 出張に行くことになったってさ。

こんな感じで、何が来るか予想しながら日本語を聞いているんです。

これを英語でもできるようにならないとTOEIC900点は難しいですし、英語の能力が不足しているんです。

 

次に日本語でこんな問題があったとします。

  • 博物館ではゴッホの絵が大人気です、(  )連日行列ができています。

1:それで 2:それならば 3:全く 4:最終的に

 

答えは1ですね、でも文法とかいまいちわからなくないですか?

でもなんか他のはしっくりこないというか、少し変ですよね。

これがTOEICの問題を解くときにも、文法じゃなくて、

【こんな言い方聞いたことないぞ】

と考えて正解がすぐにわかるレベルにならないといけないんです。

 

TOEIC直前

 

空いた時間に僕が実際やっていたのは

  1. NHKの語学講座の英語部分を聞く
  2. 英語のドラマを見る
  3. BBC WORLD SERVICEを聞く
  4. BBC LEARNING ENGLISHを聞く
  5. 英語のウェブサイトを読む
  6. オンライン英会話

 

4番と5番はリーディングも鍛えられます。

 

6番は当たり前ですが【英語を話すこと】が英語力アップには欠かせないです。

やるとやらないではかなり差が出てしまいます。

 

TOEICのテスト対策は2か月前で十分、普段からやる必要はありません。

英語能力を上げることに集中しましょう。

この勉強法は長時間英語に触れるため。

気楽に楽しんでやればOK!

 

一応おすすめのオンライン英会話を載せておきます。

100か国以上の講師と話せるDMM英会話
※講師の評価制度があるので使いやすいオンライン英会話

レアジョブ英会話
※フィリピン人講師が人気で初心者でもなじみやすい

ネイティブキャンプ
※予約なしでレッスンが受け放題のオンライン英会話

※クリックするとオンライン英会話にサイトへ飛びます
※どの会社も登録だけで無料で体験レッスンが受けられます。

 

この2つの勉強法を1年続けると?

 

ほとんどの人は1か月もしない間に辞めてしまいます。

しんどいから。

 

でも頑張って一年続けてください。

そしてもう一度TOEICの問題をやってみてください。

以前よりもかなり簡単に感じられるはずです。

[900点行けるな!]と実感できるのは間違いないです。

 

 

スポンサーリンク

 

直前のテスト対策

 

ラジオビジネス英語が1回で理解できるくらいの英語力があるなら後は簡単です。

世の中にたくさんある、TOEIC用の模擬試験をひたすら解くだけ。

何度も言いますが、基礎的な英語力がないのにTOEIC対策だけやってもほぼ意味ないです。

 

TOEICで難しいのは、Part 5 と Part 6 の文法が絡んでくる問題です。

細かい文法は覚えてしまわないと仕方がないですね。

 

問題集を間違わなくなるまで何度もやりましょう

これをどこまで徹底してできるか、だけ。

 

これは学生時代にやったテスト勉強と一緒です。

人によって記憶力に差があるので、かかる時間は人それぞれ。

 

でも普段から英語を勉強しているのなら、1~2が月くらいあれば十分TOEICのテスト対策は可能です。

 

TOEIC用の有料講座やアプリもうまく利用しよう

 

★無理に独学をしなくてもいい!★

TOEIC用の講座を利用して確実に点数アップを狙う!

僕の周りでも自分でやってなかなか点数取れずに、結局時間ばかりがかかってしまっている人が多いんですよね。

そうならないようにしっかり有料講座で勉強するのはおすすめです。

TOEICで目標点数取って就職や転職ができれば簡単に費用は回収できます。

 

English School +200

TOEICの試験に特化したコースが受けられる英語学校。

無料カウンセリングで自分の問題点をしっかりと把握するだけでもかなり有効。

マンツーマンレッスンも充実しているので、丁寧に教えてくれます。

★公式ホームページ 【English school+200】  

 

TOEIC用アプリ


 


TOEICを学習するためのアプリでこれ以上のものはないです。

月額料金ですが、TOEICのテスト3ヵ月~6か月集中してやれば十分!

TOEICのアプリで迷うくらいなら最初からスタディサプリを選んでおけば間違いないです。

 

高得点を狙う人が当然使うべき参考書

 

ここからは僕がTOEIC対策で使った参考書などを紹介します

 

アルクキクタンシリーズ

 

単語は書いて覚えるよりも聞いて覚えるもの。

キクタンを使えばかなり早く単語が覚えられます。

時間短縮して楽したいならマストな本です。

 

TOEIC公式問題集

TOEICの公式問題集は絶対にやったほうがいいです。

特にリーディングパートだけは集中してやりましょう。

確実に必要な参考書です。

 

TOEIC参考書を詳しく紹介しています。

ノートサムネイル
参考【2021】TOEICおすすめ参考書【955点取った本全公開】

続きを見る

 

これを読み終えたらすぐにとりかかろう

 

まとめると、

  • [実践ビジネス英語]を一回で聞き取れる本質的な英語力をつける
  • TOEICの2か月前から徹底的に問題集をやる

もうこれでTOEICの勉強の仕方は理解できたと思います。

 

後は【やるかやらないか、継続できるかどうか】だけです。

 

勉強もやり始めが大変ですが、慣れますからね。

 

結局チャレンジしないと何も変わらないですからね。

とりあえず一年頑張ってみてください。

一年後には全く違う世界が見えてきますよ。

 

\TOEICの試験に特化したコースがある/

 

\TOEICの定番アプリ!/



 

 

★えいぶろおすすめ!売れている英語学習のための本★

 

基本的な英文法に自信がない人に。イラストが多くて、分かりやすい!
CD付きでリスニングも練習できる。

基礎的なことを理解するにはもってこい!文法的な理解とスピーキング力両方をレベルアップできます。

TOEICの文法の問題集で一番売れている参考書。
最初は文法パートはこれ一冊で十分です。

 

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-TOEIC, 勉強法