TOEIC 教材

【2021】TOEICおすすめ参考書【955点取った本全公開】

カラフルなノート

たろう
TOEICの参考書っていっぱいあるんだけどどれを使えばいいの?

こんな悩みにお答えしたいと思います。

 

  • こんな記事
  • おすすめのTOEIC参考書【レベル、パート別に紹介】
  • TOEIC攻略の豆知識

こんな人向け

  • TOEIC初級者から中級者
  • 記事を書いた人

ブログの管理人 slowboat

slowboat

京都府立大学卒業後、一年以上海外へ。

独学で英語をマスター。

TOEIC955点達成。

BBCニュースはほぼ完ぺきに理解できます。

英語のおかげで本業の写真撮影の仕事も増えました!

 

TOEICの参考書ってものすごくたくさんありますよね。

高得点を真剣に狙うなら、絶対に必要なものはこの2つ。

  • TOEICの公式問題集
  • 苦手なパートの問題集

では詳しく見ていきましょう。

 

おすすめ記事

会議サムネイル
参考スタディサプリTOEICは評判通り最強アプリ【8か月使ってみた】

続きを見る

 

TOEICの参考書の使い方

TOEICの参考書は、TOEICのテスト2か月以上前から見る必要なし!

TOEICのテスト対策は1~2か月やれば十分。

それ以外は普通の教材でリスニングの勉強を頑張ること。

 

TOEICのテストのスコアが伸びない人って、英語の力がないのにTOEICの問題集ばっかりやっているんですよ。

 

皆さん問題集をやったことがある人は分かるんですけど、

TOEICの問題って、はっきり言ってつまらない。

 

こんなつまらないことを集中して何か月もやるとか無理無理。

普段の英語の勉強はもっと面白かったり、興味のあることでリスニング力を上げることが大事。

 

普段から英語を勉強してないとだめですからね。

普段から勉強しないのは、中学生が2か月前から勉強して、大学入試に挑戦するようなもの。

 

ノート鉛筆

 

TOEICの問題集を間違えなくなるまで繰り返す

普段から英語を勉強しておいて、TOEICのテスト1~2か月前から、参考書の問題をゴリゴリ解くんです。

 

ひたすら繰り返してやって、間違えなくなったら勉強終了。

 

これだけです。

特に文法が絡んでくるようなものは、もう覚えるしかない。

問題ごと覚えたらいいんです。

決して文法書を買ってきて、英文法を完璧にしてやろうとかやめてくださいね。笑

終わらないですから。

 

TOEICの勉強法についてはこちらにまとめました。

500サムネイル
参考TOEIC500点への最短ロードマップ【955点取った僕が解説】

続きを見る

顔と手
参考TOEICで900点を取る方法【取れない理由は極々簡単です】

続きを見る

 

大学生なら参考書が大事

もしあなたが大学生なら、あまり時間がないんですよね。

実際2年くらいである程度の得点を取らないといけない。

普段の英語の勉強も頑張りながら、TOEIC直前に問題集をかなりやりこむ必要がありますね。

 

ノートに書く

 

おすすめは公式の問題集

 

ある程度TOEICの問題になれている方なら、少し高いですが公式問題集を全てやりこめば十分です。

 

  • 公式問題集が少し説明が難しいな、という人は下で紹介する初心者用の参考書を使う。
  • それ以外の方は苦手な部分だけを他の参考書で勉強する。

 

いろんな問題集が出てますが、結局安く上がります。

TOEICの英語自体がそれほど難しいわけではないですし、問題もパターン化してますからね。

 

おすすめのTOEIC参考書【ボキャブラリー】

単語を覚えるのはTOEIC直前じゃなくて、普段からやるべきです。

TOEICに出る単語は、普段の英語のリスニングには欠かせない基本的なものばかり。

キクタンなどを使ってさくさく覚えてしまいましょう。

 

初心者向け【~600点レベル】



単語はキクタンでサクッと覚えてしまいましょう!

かなり時短が可能です。

 

中級者向け【800点レベル】

 

上級者向け【900点以上レベル】

 

900点以上狙うのもボキャブラリーはこれで十分でしょう!

問題を何度も解いていくと、TOEICの単語程度ならすぐに覚えちゃいますから。

 

おすすめのTOEIC参考書【全般】

初心者の方は参考書を1~2冊買ってとりあえず何回もやることが大事です。

基本的にテスト2か月前からではリスニング力は上がらないので、問題になれることが大事。

同じような問題が出たら、絶対に解けるようにしておくこと!

 

初心者向け【~600点レベル】

 

中級者向け【800点レベル】

 

上級者向け【900点以上レベル】

 

何度も言いますが、繰り返しやって問題を解くスピードを上げることが大事です。

問題数が多いので、時間が無くなってしまうということも多いです。

TOEICの学習は、スピードアップもかなり要求されます。

 

おすすめの問題集【リスニングパート】

TOEICのリスニング自体はある程度英語力のある人にとっては楽勝でしょう!

もちろん初心者の方は問題集を何度もやることが大事です。

中級者レベル以上なら、ここはさらっと終わらせて、文法問題に集中したほうがいいですね。

 

初心者向け【~600点レベル】

 

中級者向け【800点レベル】

上級者向け【900点以上レベル】

 

上級者になるとリスニング問題はそれほど苦にならないんじゃないでしょうか。

話すスピードも結構ゆっくりですから。

問題は文法やリーディングパートですね♪

 

おすすめの問題集【文法、リーディングパート】

僕は文法パートがとても苦手です。

普通にリスニングするんだったら、文法にすごく詳しいよりも、会話の流れからぱっと分かるほうが絶対役立ちます。

話すときも文法のことを考えていたら話せないですからね。

細かい文法はテストができればいいと割り切って丸暗記するくらいで十分です。

 

初心者向け【~600点レベル】

 

中級者向け【800点レベル】

 

上級者向け【900点以上レベル】

 

TOEICの文法問題こそ暗記で十分!

問題ごと覚えてしまうくらい何度もやりましょう。

実用の英語にあまり役に立たないですから (^^;

 

参考書ランキング

僕が独断と偏見で参考書ランキングを作ってみました。

1位:TOEIC公式問題集

 

公式の問題集に勝るものはないです。

結局のところ、公式の問題集をどれだけやるかでスコアは決まってきます。

 

2位:キクタン

 

TOEICに出てくる単語はテスト以外でも当然使うものばかり。

絶対に覚えないといけないんです。

キクタンシリーズはこのブログでもいつも紹介しています。

初心者には絶対試してほしい本なんです。

 

3位:今回紹介したその他の参考書

 

その他の参考書は苦手なパートに合わせて使っていくもの。

好みに応じてどうぞ!

 

まとめ

今回はTOEICの参考書を紹介しました。

一番大事なのは

  • 基本の英語力

これがない人は結局600点台で頭打ちになってしまいます。

はっきり言ってTOEICってリスニング力だけあればいいじゃないですか?

あとはテスト前に”一夜漬け”レベルでどうにかなりますよね。

 

当たり前ですがリスニング力は毎日英語を聞かないと上がりませんよ。

 

TOEICで900点以上取っている人はみんな毎日コツコツ英語聞いています。

日本語のテレビとか見ないです。

TOEIC用の特効薬を探しているような暇があれば、少しでも英語を長く聞くのが近道です。

 

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-TOEIC, 教材