ネイティブ語感をマスター

bark の意味と使い方【吠えるだけじゃない!】英会話で使える例文

従順に従う犬

 

『bark』の意味や使い方を知っていますか?

いくつかのパターンがありますよ。

  • 吠える、吠える声
  • 怒鳴る
  • 擦りむく
  • 大きな音
  • 木の皮

 

実際に僕が10年以上英語を学習して、ネイティブや非ネイティブと会話した中で、重要だと感じた表現や関連フレーズを紹介します。

【ネイティブの意見や複数の英英辞典をもとに執筆しています】

今回は使いこなしたい『bark』の英語表現をたくさん見ていきましょう!

英会話では絶対使う重要単語。

この記事を読めばあなたの英語力がコツコツとアップします  ^^

 

こんな記事[もくじ]

 

では例文解説とともにドンドンいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

『bark』の意味・発音・読み方

 

では早速『bark』の基本の英語表現[意味・発音・複数形・スペル・つづり]を紹介します♪

bark[動詞・名詞]:【発音】[米] bɑ́rk | [英] bɑ́ːk【カナ・読み方】バーク【過去形・過去分詞など】barks | barking | barked

発音をリスニングできます↓↓↓

意味:吠える、吠える声など

©ondoku3.com

動物や人の大きな声や、大きな声を出すという意味でよく使います。

さらに樹木の皮、といった意味もありますよ。

英会話はもちろん、リスニング、リーディング全般でよく使う基本の英単語です。

 

『bark』の意味・使い方・例文

 

ではそれぞれのパターンごとに詳しく見ていきましょう♪

👉『bark』の意味・使い方1:吠える

 

動詞としての一つ目の意味は、『吠える』。

犬や狼などが大きなうなり声をあげているような時に使います。

 

例文を見てみると、

👉  The dog is barking.

訳:犬が吠えている。

👉  The dog barked at Yumiko.

訳:犬はユミコに向かって吠えた。

👉  Some animal is barking far away.

訳:遠くで何かの動物が吠えている。

👉  Is your dog barking all the time?

訳:あなたの犬はいつも吠えていますか?

 

1つ目の意味の面白い表現は、

bark up the wrong tree [イディオム]

意味:見当はずれのことをする

間違った木に吠える、といった直訳になりますね。

全然間違ったことをしたりする場合に使います。

 

優柔不断な男性

 

why keep a dog and bark yourself? [イディオム、ことわざ]

意味:人の仕事は本人にさせるほうがいい

直訳では、なぜ犬を飼っているのに自分で吠えるの?

何かの仕事のために人を雇っているのなら、その人にさせるほうがいいというユニークな表現です。

 

👉『bark』の意味・使い方2:怒鳴る

 

動詞の2つ目の意味は、『怒鳴る』。

人が大きな声で何かを言うような場合に使います。

印象としてはあまり良くないイメージですよ。

 

英文で使い方を見てみると、

👉  Takashi barked at me.

訳:タカシは私に怒鳴った。

👉  "Don't do that, Jiro!" Yumiko barked.

訳:"ジローやめなさい!" と、ユミコは叫んだ。

 

👉『bark』の意味・使い方3:擦りむく

 

動詞の3つ目の使い方は、『擦りむく』。

転んだりして、ひざやひじを擦りむくときなどに使います。

  • bark one's shin:擦りむく

 

怪我をして痛いいぬ

 

👉『bark』の意味・使い方4:吠える声

 

名詞としての1つ目の意味は、『吠える声』。

犬や動物が大きな声で吠えることに使います。

  • loud bark:大きな吠える声

 

👉  Yumiko heard the bark of her dog.

訳:ユミコは飼い犬の吠える声を聞いた。

👉  The bark was noisy.

訳:吠える声がうるさかった。

 

犬とお出かけ

 

👉『bark』の意味・使い方5:大きな音

 

名詞としての2つ目の意味は、『大きな音』。

銃などがたてる音や大声のことについて使います。

 

👉  Taro was surprised by the bark of a gunshot.

訳:タローは銃声に驚いた。

 

この意味での熟語の表現は、

someone's bark is worse than his bite[イディオム]

意味:見た目ほど怖くない

直訳では、噛むことよりも吠える声のほうがひどい。

大声で怒鳴ったり、ひどいことを言ったりするけれど、実際はそんなに怖くないような人のことについて使います。

弱い犬ほどよく吠える、といった表現がありますよね。

 

all bark and no bite

意味:言ってばかりで何もしない人

直訳では、吠えるだけで噛まない。

こちらも怒鳴ったりするけれど、それほど怖くないような人に使います。

 

怒る、女性

 

👉『bark』の意味・使い方6:木の皮

 

名詞としての3つ目の使い方は、『木の皮』。

樹木の表面の皮のこと。

リスニングやリーディングで出てくることがある意味なので、頭の隅にでも入れておきましょう!

  • tree bark:木の皮

 

 

 

スポンサーリンク

 

『bark』の意味・使い方・例文まとめ

 

今回は『bark』の意味・使い方を紹介しました。

意外に知らない意味も多かったんではないでしょうか。

特にリスニングでは、聞いて一瞬で意味が分からないといけないんです。

そのためには記憶力の良さや頭の良さというよりは、練習量の多さが重要になってきます。

言い換えれば誰でも練習をすればできるようになる、ということでもあるんです。

なのであきらめずに長い目で見て学習することが一番大事ですよ!

 

 

 

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-ネイティブ語感をマスター