ネイティブ語感をマスター

debtの意味|借金だけじゃない【絶対使う】使い方と実用例文

買い物をする男性、ショッピング

 

『debt』の意味や使い方を知っていますか?

2つのパターンがありますよ。

  • 借金、借金があること
  • 恩がある、借りがある

 

実際に僕がネイティブや非ネイティブと会話して、重要だと感じた表現や関連フレーズを紹介します。

【ネイティブの意見や複数の英英辞典をもとに執筆しています】

今回は使いこなしたい『debt』の英語表現をたくさん見ていきましょう!

英会話やビジネス英語でも絶対使う重要単語。

この記事を読めばあなたの英語力がコツコツとアップしますよ  ^^

 

こんな記事[もくじ]

 

では例文解説とともにドンドンいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

『debt』の意味・発音・読み方・語源・覚え方

 

では早速『debt』の意味・発音・読み方・語源・覚え方を紹介します♪

 

debt[名詞]:【発音記号】dét【カナ・読み方】デトゥ【複数形】debts

意味:借金、借金があること

英英辞典で発音や意味を確認する ※スピーカーマークをクリックするとリスニングできます
アメリカ英語とイギリス英語両方の発音を聞くことができます。

 

語源的な意味は、『借りがある』。

覚え方のイメージは、

借金に苦しむ

debt:返さないといけないもの

 

お金を借りている意味で使うことが多いですが、返さないといけない恩がある、借りがある、といったお金以外のものにも使います。

 

👉  loan と debt の違い

 

2つともお金を借りている、という意味では同じですがイメージはかなり違いますよ♪

loan と debt の違いは↓↓↓★

 

『debt』の意味・使い方・例文

 

ではそれぞれのパターンごとに詳しく見ていきましょう!

👉『debt』の意味・使い方1:借金、借金があること

 

一つ目の使い方は、借金、借金をしている状態

要するに誰かからお金を借りていて、返さないといけないということ。

フォーマルな言い方だと、負債、借財、ともいいます。

支払いすることが難しい、借金を返せない、といったイメージで使うことも多いです。

精神衛生上あまり良くないので、借金はできればしたくないですね (^^;

個人の借金だけじゃなくて、企業や国の借金のことにも使えるので、上級者になるまでは借金に関しては debtloan をスピーキングで使えれば十分かと。

 

借金がある、ないと言いたい時には、

  • have debts
  • in debt:借金がある状態

などを使います。

英文中で使い方を見てみると、

👉  Takashi has serious debts.

訳:タカシには大きな借金がある。

👉  Are you in debt to her?

訳:彼女に借金があるの?

請求書に困る男性

 

★仕方なく借金をしてしまう時の表現は、

  • run into debt:借金をする
  • get into debt:借金を作る

といった形を使います。

👉  Unfortunately, he is running into debt.

訳:残念なことに、彼は借金をしている。

👉  They got into debt because of the recession.

訳:彼らは不況のせいで負債を抱えた。

 

借金を払う時の表現は、

  • pay/repay a debt:借金を払う
  • pay off a debt:借金を全て返す
  • clear one's debts:借金を払い終える

 

例文を見てみると、

👉  I have to pay my debts.

訳:借金を払わなければならない。

👉  At last, I paid off my debts to Jiro.

訳:ようやくジローへの借金を全部返した。

貯金箱

 

借金が大きくなる時には、

  • run up debts:借金がかさむ
  • deeply/heavily in debt:多額の借金がある

👉  Akiko is running up heavy debts.

訳:アキコは多額の借金を重ねた。

👉  Akiko was heavily in debt.

訳:アキコには多額の借金があった。

 

★『住宅ローン』の英語表現は↓↓↓★

 

1つ目の意味の、イディオム表現などを紹介します♪

be up to one's ears in debt

意味:借金で身動きが取れない

直訳では、耳まで借金に漬かっている。

ものすごい借金で首が回らない、どうしようもないといった意味の英語表現。

考えるだけでゾッとしますね (^^;

 

👉  Takeshi will be up to his ears in debt if he continues to use his credit card.

訳:たけしは、このままクレジットカードを使い続けると借金まみれになってしまう。

お金を落とすサムネイル

 

head over heels in debt

★このイディオムは「借金」の英語表現の記事で詳しく紹介しています↓↓↓★

 

bad debts

意味:不良債権

返すことができない借金のこと。ビジネスや金融で使います。

バブルの崩壊の時にはよく出てきた表現です。

 

national debt

意味:国債

国の借金のこと。

日本は借金がものすごいことになっているのは有名です (^^;

 

両替

 

debt collector

意味:借金の回収業者

以前は『借金取り』というとかなりいかがわしいイメージでしたが、ビジネスとして行っている個人や会社のこと。

 

debt relief

意味:借金の免除

個人や企業に対して、借金を返す必要がない、と決めてしまうこと。

 

関連表現もチェック!↓↓↓

 

👉『debt』の意味・使い方2:恩がある、借りがある

 

2つ目の使い方は、恩がある、借りがある

お金以外の借りのこと。

人から何かをしてもらったり、自分が何かをしてしまった時に、お礼や償いをしないといけないということ。

日本語では、借りがある、借りを作る、負い目がある、といった表現があります。

  • in someone's debt:~に借りがある、恩に着る

といった形を使います。

 

例文を見てみると、

👉  Jiro has always been supportive. I'm in his debt.

訳:ジローはいつも応援してくれている。私は彼に借りがある。

ありがとうと言うネズミ

 

2つ目の意味のイディオム表現などを紹介します♪

owe a debt of gratitude/thanks

意味:とても感謝している、恩がある

※owe[オゥ]:借りがある、恩がある

人から何かしてもらったことに、感謝の気持ちを表現するときに使う英語表現。

かなり丁寧な言い方になります。

 

👉  I owe Tomoko a debt of gratitude for her kindness.

訳:トモコさんの親切にはとても感謝している。

 

借りがあるという意味の『owe』の詳しい意味と使い方は↓↓↓★

 

pay one's debt to society

意味:刑期を務め終える、罰を受ける

犯罪などを犯した人が、刑務所などで刑期を務め終えて罪を償う、十分罰を受ける、という意味で使います。

社会への借りは返した、ということになりますね。

 

👉  Jiro served ten years in prison. He already paid his debt to society. 

訳:ジローは10年間の服役をした。彼はすでに刑期を務め終えている。

※serve[サーヴ]:服役する

 

sleep debt

意味:睡眠負債

毎日少しづつ寝不足が積み重なって、体の調子が悪くなること。

借金も最初は大したことが無いように見えても、雪だるま式に大きくなっていきますよね。

毎日の睡眠は大事なんです (^^;

 

 

スポンサーリンク

 

『debt』の意味・使い方・例文まとめ

 

今回は絶対覚えておかないといけない『debt』の意味・使い方・例文を紹介しました。

かなりたくさんの英語表現を取り上げましたが、最初は、

  • in debt
  • repay a debt

といった基本的なものから覚えていけば大丈夫。

リスニングをしていると、自然といろんな表現が身につくので焦らなくていいですよ♪

 

「借金」に関する英語表現は↓↓↓★

関連する英単語の詳しい意味と使い方は↓↓↓★

mortgageの2つの意味【英会話で絶対必要な】使い方と実用例文

loanの3つの意味と【絶対英会話で使う】使い方と実用例文

oweの意味|【英会話ですぐに使える】8つの使い方と実用例文

 

 

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-ネイティブ語感をマスター