ネイティブ語感をマスター

injure / injuryの意味【絶対必要!】4つの使い方と役立つ例文

レントゲン写真を見る医者

 

『injure / injury』の意味や使い方を知っていますか?

それぞれ2つのパターンがあります。

injure は、

  • 怪我をさせる
  • [心や評判を]傷つける

injury は、

  • 怪我
  • 傷つけること

 

実際に僕がネイティブや非ネイティブと会話して、重要だと感じた表現や関連フレーズを紹介します。

【ネイティブの意見や複数の英英辞典をもとに執筆しています】

今回は使いこなしたい『injure / injury』の英語表現をたくさん見ていきましょう!

英会話では絶対使う重要単語。

この記事を読めばあなたの英語力がコツコツとアップしますよ  ^^

 

こんな記事[もくじ]

 

では例文解説とともにドンドンいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

『injure / injury』の意味・発音・読み方・覚え方

 

では早速『injure / injury』の意味・発音・読み方・覚え方などを紹介します♪

injure[動詞]:【発音】índʒər【カナ・読み方】インジュア 【過去形・過去分詞など】injures | injuring | injured

意味:怪我をさせる、傷つける

英英辞典で発音や意味を確認する ※スピーカーマークをクリックするとリスニングできます
アメリカ英語とイギリス英語両方の発音を聞くことができます。

 

injury[名詞]:【発音】índʒəri【カナ・読み方】インジャリィ【複数形】injuries

意味:怪我、損害

発音や意味を確認する

 

覚え方のイメージは、

怪我をして担架で運ばれる男性

injure:肉体的に怪我をする

 

事故スポーツなどが原因の怪我の事についてよく使います。

 

👉  injure / wound / hurt の違い

 

injure / wound / hurt の違いは↓↓↓★

 

『injure / injury』の意味・使い方・例文

 

ではそれぞれのパターンごとに詳しく見ていきましょう♪

👉『injure』の意味・使い方1:怪我をさせる

 

一つ目の意味は、怪我をさせる

事故やスポーツなどで人や動物を傷つける、怪我をさせる、という意味で使います。

  • get injured:怪我をする
  • be seriously/badly injured:重傷を負う
  • be critically injured:重体だ
  • injure oneself:怪我をする

※critically[クリティカリィ]:危なく、危篤状態で

 

例文を見てみると、

👉  Akiko was injured.

訳:アキコは負傷した。

👉  Jiro got injured in the crash.

訳:ジローは事故で怪我をしてしまった。

👉  My father injured his neck severely.

訳:父は首に大きな怪我をした。

👉  Many others were injured in the crash.

訳:この事故で多くの人が負傷した。

👉  My brother injured himself when he was playing football.

訳:弟はサッカーをしていて怪我をした。

サッカーする叔父

 

『wound』の詳しい意味と使い方は↓↓↓

 

👉『injure』の意味・使い方2:[心や評判を]傷つける

 

2つ目の意味は、[心や評判を]傷つける

精神的に傷つける、評判などをだめにする、といった意味では、普通は hurt を使うことが多いです。

 

👉  This problem will injure its reputation.

訳:この問題は、その評判を傷つけるだろう。

※reputation[レピュテイション]:評判

 

★『hurt』の詳しい意味と使い方は↓↓↓★

 

次に名詞形の使い方を詳しく見ていきましょう♪

👉『injury』の意味・使い方1:怪我

 

一つ目の意味は、怪我、損傷

事故やスポーツなどで体が傷ついたり、ダメージを受けたこと。

  • minor injury:軽傷
  • back injury:背中の怪我
  • injury to:~への損傷

 

例文を見てみると、

👉  I don't have any injuries.

訳:怪我はしていない。

👉  My sister suffered nasty injuries.

訳:姉はひどい怪我をした。

※suffer[サファァ]:嫌なことを経験する、被る ※nasty[ナスティ]:ひどい、たちの悪い

👉  The injuries were quite severe.

訳:怪我はかなりの重症だった。

👉  He wasn't able to walk because of injuries to his leg.

訳:彼は足の怪我で歩くことができなかった。

バランスをとる人、綱渡り

 

👉『injury』の意味・使い方2:傷つけること

 

2つ目の意味は、傷つけること、ダメージ、損害

他人の評判や感情、権利やものなどを損なうようなこと。

おもに法律の分野でよく使います。

古い使い方では『侮辱』といった意味もあります。

  • injury to:感情などを傷つけること

 

👉  His emotional injury was pretty serious.

訳:彼の心のダメージはかなり深刻だった。

👉  The incident caused injury to his feelings.

訳:この事件は彼の感情にダメージを与えた。

👉  They are trying to avoid injury to the forest.

訳:彼らは森を傷つけないようにしている。

 

泣く、悩む、女性

 

injuryを使ったイディオム表現は、

add insult to injury

意味:追い打ちをかける、踏んだり蹴ったり

※insult[インサルトゥ]:侮辱、馬鹿にする

直訳すると、怪我に侮辱も加える。

肉体的なダメージのある相手に精神的な危害も加えて、徹底的に相手をやっつけようということ。

すでに悪い状況にいる人に、さらに追い打ちをかけるように悪いことが起こる、といった状況で使います。

 

👉  My child had an accident, and to add insult to injury, my wife got very sick.

訳:子供が事故にあい、おまけに妻が大病にかかってしまった。

 

do yourself an injury

意味:怪我をする、自分を傷つける

自分自身がけがをする、という意味のカジュアルな会話で使う英語表現。

 

👉 You could do yourself an injury if you run so fast.

訳:そんなに速く走ると怪我するよ。

 

 

スポンサーリンク

『injure / injury』の意味・使い方・例文まとめ

 

今回は『injure / injury』の意味・使い方・例文を紹介しました。

英語のニュースなどのリスニングでは絶対必要な英単語なので、意味はしっかり覚えておきたいです。

英語のニュースって最初は少しとっつきにくいかもしれませんが、中級者にとってはリスニングの練習にはピッタリなんです。

英語のドラマや映画ばかりで練習しがちですが、ニュースのほうが発音もきれいだし、英単語を覚えるのにもちょうどいい♪

ドラマや映画は思っているより難しいですよ (^^;

 

「怪我」の英語表現は↓↓↓★

同義語などの詳しい使い方は↓↓↓

hurtの意味と使い方【会話ですぐ使える!】5パターンの実用例文

woundの意味【5分で分かる】使い方と英会話で役立つ例文

 

👉 初心者向けのオンライン英会話の体験レッスンを受けてみませんか?

 

いろんな勉強をしても英語を話す機会がないと絶対に英語は上達しないです。

独学での勉強とオンライン英会話のレッスンを組み合わせれば、1ヵ月程度で効果を実感できますよ。

 

英会話学校なら一回のレッスンが5000円以上は当たり前。

オンライン英会話なら月に1万円以下で毎日レッスン可能です。[税抜き]

通常の格安のオンライン英会話だと日本語が分からない外国人講師といきなりレッスンが始まるので、初心者の方にはやっぱり気が重い。

QQEnglish なら最初に日本人スタッフのガイダンスがあるので、初心者の方、まだ英語になれていない人にも安心!

 

 

\【無料】で2回レッスンが受けられます/

無料で体験レッスンを受けてみてから、実際にオンライン英会話を受講するかどうか決めればいいと思います。

 

英語学習は基本的に時間がかかるもの。迷っているのであれば早く始めるべきです♪

 

 

 

スポンサーリンク

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

-ネイティブ語感をマスター