スピーキング

【おかわり】の英語|超基本的な英語も完璧にしよう!

おかわり英語

 

たろう
レストランでもう一杯飲みたいときはなんて言えばいいんだろう?

明日から英語でおかわりを注文できるようになりますよ!

世界を旅するためのちょっとしたコツも書いています。

 

  • こんな記事
  • 基本の[おかわり]の英語の言い方
  • 世界を旅するコツ
  • いろんな英語の【おかわり】

こんな人向け

  • 旅行のための英会話を勉強したい方
  • 英語初級者~

定番フレーズを2つ言えるようになれば、どこでも困らない!

 

 

スポンサーリンク

 

【おかわり】の英語定番フレーズ

 

絶対に覚えてほしい【おかわり】の2つのフレーズを紹介します。

  • another
  • some more

2つのフレーズを覚えておけば話すときは困らないです。

簡単に説明すると。

  • anotherは【もう一杯、もう一皿】
  • some moreは【もう少し】

で使えばいいんです、かなりシンプルですよ。

 

おかわりの意味

 

もちろんほかにも英語で【おかわり】を意味するフレーズはたくさんあります。

でも日本語でも【おかわり】の言葉は

  • もう一杯
  • 先ほどと同じもの
  • もっと
  • これと同じもの
  • 替え玉

とか結構あるんです。

でも日本語で話すときは[おかわり]だけで、どこでも通じますよね。

英語も話すときは自分の得意なもの1つあればいいんです。

検索するとたくさんフレーズが出てきて、全部暗記しようとかする人が多いです。

でも結局一つも覚えていなくて、絶対に話してる最中に口から出てきませんから。

最初は一つの意味に対して短くて簡単なフレーズを一つ覚える、のが英語上達の近道です。

 

another【もう一杯】

もう一杯

 

一杯飲んだけど、もう一杯ほしいな、という時に使える英語フレーズ。

誰でも知ってる単語ですが、意外に初級者の人はすんなり出てこないですよね。

Can I have another one?

もう一杯もらえますか?

どこでも使える言い方。

【a cup of coffee】とか【a glass of wine】 とか初心者ならとっさに言うのは難しいですよね!

そんな方は【another one】でOK。

 

ポイント

でも、

Another one, please.

は意外と丁寧な言い回しではないんです。

日本語だと、ぶっきらぼうに

[もう一杯。]

のように聞こえることがあります。

上のように【Can I have 、 May I have】をつけて「~してもらえますか」の形で使いましょう。

 

  • 他の使い方

Do you have another glass of wine?

ワインのおかわりありますか?

 

some more[もう少し]

もう少し

 

anotherが【もう一杯】に対して、こちらは【もう少し】欲しいになります。

日本語でも、[もう少しご飯ください!]とか言いますよね。

[おかわり]の遠回しの言い方になります。

微妙に言い回しは違うけれど、ほぼ同じ意味です。

Can I have some more coffee?

もう少しコーヒーもらえますか?

こっちは【もう少し】なので、glass of とか cup of とかはつけなくて大丈夫!

もう少し一杯のコーヒーください、になって変ですよね。

 

シチュエーション

Gさんは飛行機の中でもう一杯コーラが飲みたくなりました。

G: Can I have some more coke?

コーラおかわりもらえますか?

pleaseをつけるとより丁寧になります。

 

そのほかのいろんな【おかわり】

 

そのほかにもいろんな[おかわり]の言い方があります。

言えなくてもいいので、頭の片隅に入れておいて、リスニングできるようになりましょう!

refill

こちらも[おかわり]の英語。

Do you like a refill of your rice?

ご飯のおかわりいりますか?

 

another helping

英語のフレーズの【おかわり】

Can I have another helping?

おかわりもらえますか?

 

seconds

飲み物や食べ物の二回目で、おかわりの意味になります。

Do you want seconds?

おかわりいる?

 

 

スポンサーリンク

 

旅する英語

 

今回[おかわり]の英語フレーズでかなり基本的な英語を取り上げました。

ここに見に来てくださっている方の中にも、今度海外旅行に行くから英語のフレーズを覚えたい、または、いろんな国に行きたいので、英語を勉強している人も多いのではないでしょうか。

Can I have some more coffee?

で出てきた【Can I have 】なんですが、これめちゃくちゃ使えるんです。

【Can I have 】で[~ください]になるんです。

ほとんど英語ができないや、という方はとりあえずこの【Can I have 】一つだけ覚えてください。

例えばコーヒーのおかわりが欲しい、という時もシンプルに、

Can I have coffee, please?

で通じますからね!

最初は文法とか気にしちゃだめ。

話して通じることが大事!

お店に入って、何か欲しいものがありますよね。

それ指さして、Can I have ?って聞けばいいんです。

またレストランで頼むときに、メニュー指さしてCan I have ?で注文できます。

なのでCan I have は万能フレーズ。

これだけ覚えていくだけで、いろんなことができます。

 

旅のおかわり

 

また英語の全然通じない国って結構あるんです。

中国とか、旧ソ連の国々とか。

そういう時は、ロシア語や中国語のCan I haveの意味のフレーズを覚えておくだけでかなり使えますから。

 

【おかわり】の英語フレーズを使いこなそう

 

知っているのと使えるのは全然違うんです。

英語でも結構いろんな[おかわり]のフレーズがあって、全部覚えようとすると絶対に使いこなせません。

一つだけでもいいので、すっと口から出てくようにしてください。

 

独学で英語を習得する方法を紹介しています。

英語は独学が当たり前!30代から実践したたった3つのこと

 

 

 

★えいぶろおすすめ!売れている英語学習のための本★

 

基本的な英文法に自信がない人に。イラストが多くて、分かりやすい!
CD付きでリスニングも練習できる。

基礎的なことを理解するにはもってこい!文法的な理解とスピーキング力両方をレベルアップできます。

TOEICの文法の問題集で一番売れている参考書。
最初は文法パートはこれ一冊で十分です。

 

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-スピーキング