イディオムで表現力UP

石の英語【ストーンだけじゃない】英会話でもよく使う27表現

石器時代の人

 

【石】を英語でなんというか知っていますか?

stone[ストーン]ですね♪

ではのイディオムを知っていますか?

  • kill two birds with one stone
  • leave no stone unturned
  • a stone's throw away

などの意味を想像してみてください。

 

実際に僕がネイティブや非ネイティブと会話して、重要だと感じた表現や関連フレーズを紹介しています。

今回は意外にバリエーション豊富な【石の英語表現をたくさん見ていきましょう!

英会話で使うものがかなりあります。

この記事を読めばあなたの英語力がコツコツとアップしますよ  ^^

 

こんな記事[もくじ]

 

では例文解説とともにドンドンいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

石の英語 意味・発音・複数形・類語

 

では早速『石』の意味の5つの英単語[意味・発音・複数形・類語]を紹介します♪

👉  stone

 

stone:【発音】 stoun 【カナ】ストウン【複数形】stones【動詞変化】stones | stoning | stoned

意味:石、石を投げる

英英辞典で発音や意味を確認する ※スピーカーマークをクリックするとリスニングできます
アメリカ英語とイギリス英語両方の発音を聞くことができます。

英会話でも一番よく出てくる、誰でも知っている英単語。

そのあたりの石だけじゃなくて、宝石のことなどにも使いますよ。

よく使う表現を見てみると、

  • stone bridge:石の橋
  • stone building:石の建物
  • stone axe:石の斧
  • stonehenge:ストーンヘンジ[イギリスの遺跡]
  • kidney stones:腎臓結石

※kidney[キドニ]:腎臓

 

👉  rock

 

rock:【発音】 rɑ́k 【カナ・読み方】ラク【複数形】rocks【動詞​変化】rocks | rocking | rocked

意味:岩、石

発音や意味を確認する

岩という意味の英単語ですが、日本語では岩のことを『石』と言ったり、表記してあったりしますよね。

またアメリカ英語では岩のかけらや石、ダイヤモンドのことも rock と言ったりします。

  • throw rocks:石を投げる

 

👉  pebble

 

pebble :【発音】 pébl 【カナ・読み方】ペブル【複数形】 pebbles

意味:丸い小石

発音や意味を確認する

河原やビーチに落ちているような、丸い小さな石のことを意味する英単語。

英会話でも結構使いますよ♪

  • pebble beach:小石がたくさんあるビーチ

河原の丸い小石

 

👉  gravel

 

gravel:【発音】 grǽvl 【カナ・読み方】グラヴル【複数形】 gravels

意味:砂利、小石

発音や意味を確認する

かなり細かい石のことを意味する英単語。

砂と混ざって砂利になっているようなイメージです。

  • gravel road:砂利道

砂利やすごく小さな石

 

👉  gem

 

gem:【発音】dʒém【カナ・読み方】ジェム【複数形】​gems

意味:宝石

発音や意味を確認する

gemstone ともいいますよ♪

ダイヤモンドやエメラルドのように、装飾品になったものを意味します。

 

石を使った英語のイディオム・英熟語・スラング

 

ではここからは『石・stone』をつかったイディオム表現などを22こ紹介します♪

stone の持つイメージを考えながら読むと効果的!

イラストにもイディオムが載っていますよ。

👉  kill two birds with one stone

 

kill two birds with one stone一石二鳥

誰でも知っている日本語のことわざと一緒ですね♪

1つの石で2羽鳥を殺す、2つの事を一つの行動によって同時に達成する、という意味の英語表現。

毎回これを狙っているとほとんどの場合どちらも成功しないので、欲張らず地道にいきましょう (^^;

 

盲目、車、運転、目が見えない

stone-blind:全盲の

 

👉  stone-cold

 

stone-cold非常に冷たい

石のように冷たい、という意味で本当はあったかくないといけないような、料理や人の心などに使います。

 

例文で使い方を見てみると、

👉  Those meals were stone-cold.

訳:それらの料理は冷え切っていた。

 

 

👉  stone-cold sober

 

stone-cold sober完全にしらふで

※sober[ソウバァ]:酔っていない、冷静な

まったく酔っていない、しらふ同然、といった意味の英語表現。

本人が自分はしらふだ、と言っているときにかぎって怪しいんですけどね。

 

混乱した、ライオン

stoned:ハイになった

 

👉  stone-cold fox

★このイディオムは「狐」の英語表現の記事で詳しく紹介しています↓↓↓★

 

👉 have a heart of stone

 

have a heart of stone冷酷な

直訳すれば、石の心を持っている。

石のような冷たい心を持っている、困っている人を見ても何も感じない、といったニュアンスの英語表現。

あまり会いたくないような意地悪な人ですね (^^;

 

👉  I believe he has a heart of stone.

訳:彼は冷酷だと思う。

 

お手上げ

stone deaf:全く耳が聞こえない

 

👉  get blood out of a stone

★このイディオムは「血」の英語表現の記事で詳しく紹介しています↓↓↓★

 

👉  leave no stone unturned

 

leave no stone unturnedくまなく探す、できることはすべてやる

直訳では、全ての石をひっくり返す。

たくさんの石を全部ひっくり返して下にあるものを確認するくらい、できることは全てする、徹底的にする、という意味の英語のイディオム。

何かを探しているときや、目的を達成しようとしているときに使います。

 

英文で使い方を見てみると、

👉  Akiko left no stone unturned to find her dog.

訳:アキコは、愛犬を見つけるためにあらゆる手段を講じた。

 

👉  sink like a stone

 

sink like a stone完全に失敗する

直訳では、石のように沈む。

水に投げた小石が一直線に沈んでいくように、計画などが完全に失敗する、という意味の英語表現。

石は絶対に自分では浮き上がってこないですからね (^^;

 

怒った、侮辱

throw stones:非難する

 

👉  a stone’s throw

 

a stone’s throw至近距離

石を投げて届くくらい近く、といった意味の英語表現。

家のすぐ横にコンビニがある、歩いて数分の場所で働いている、といった場合に使います。

a stone's throw away

ともいいますよ。

 

例文を見てみると、

👉  My office is a stone's throw away from the beach.

訳:僕のオフィスはビーチの目と鼻の先にあるんだ。

 

驚いた女性

stone the crows!:ああびっくりした!

 

👉  set in stone

 

set in stone変更ができない、確定した

直訳では、石にセットされている。

石にはめ込まれてしまうと動かせないように、計画やアイデアなどが確定済みで変更できない、といったニュアンスで使う英語表現。

一度決まったものを後から変えるのは大変なんですけどね (^^;

carved in stone

written in stone

ともいいますよ。

 

👉  The travel plan is not set in stone yet. 

訳:旅行プランはまだ確定していません。

 

👉  stone-broke

 

stone-broke一文無し

broke だけでもお金がない、一文無し、という意味があります。

会話で出てくるスラングの英語表現。

イギリスでは stony broke ともいいます。

 

👉  Jiro is stone broke. 

訳:ジローは一文無しだ。

 

ギター、歌う

rolling stone:仕事や住所を転々とする人

 

 

👉  stepping stone

 

stepping stone踏み台、足掛かり

小さな川などを渡るための飛び石の意味ですが、成功などへのステップ、足掛かり、といった意味でも使います。

 

例文でイメージを見てみると、

👉  The opportunity is a stepping stone to a new career.

訳:この機会は、新しいキャリアへのステップアップだ。

 

 

スポンサーリンク

 

石の英語表現まとめ

 

今回は『石』に関連した英語表現を紹介しました♪

日本語の石のことわざって、石の上にも三年、一石二鳥、くらいしかパッと思いつかないんですが、英語のほうがバラエティ豊かで面白いですね。

日本はどちらかというと木の文化、英語圏は石の文化ともいいますよね。

こんな歴史や文化の違いも想像できるのがイディオム表現の面白いところかな、と個人的には思ってます♪

 

★関連表現も一緒に覚えよう↓↓↓★

 

divorce の意味!本当にその使い方で大丈夫?【意外と複雑】

representative の意味と使い方【ビジネス英語では必須です】

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

-イディオムで表現力UP