ネイティブ語感をマスター

frost / frostyの意味【英会話で役立つ!】4つの使い方と例文

冬の寒い道路と標識

 

『frost / frosty』の意味や使い方を知っていますか?

それぞれ2つのパターンがあって、frost は、

  • 霜、厳しい寒さ
  • 霜で覆う

frosty は、

  • とても寒い、霜で覆われた
  • 冷淡な

 

実際に僕がネイティブや非ネイティブと会話して、重要だと感じた表現や関連フレーズを紹介します。

【ネイティブの意見や複数の英英辞典をもとに執筆しています】

今回は使いこなしたい『frost / frosty』の英語表現をたくさん見ていきましょう!

英会話では絶対使う重要単語。

この記事を読めばあなたの英語力がコツコツとアップしますよ  ^^

 

こんな記事[もくじ]

 

では例文解説とともにドンドンいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

『frost / frosty』の意味・発音・読み方・覚え方

 

では早速『frost / frosty』の意味・発音・読み方・覚え方を紹介します♪

frost[名詞・動詞]:【発音】frɔst | frɑst【カナ・読み方】フロストゥ、フラストゥ【複数形】frosts【過去形・過去分詞など】frosts | frosting | frosted

意味:霜、厳寒、霜が降りる

英英辞典で発音や意味を確認する ※スピーカーマークをクリックするとリスニングできます
アメリカ英語とイギリス英語両方の発音を聞くことができます。

 

frosty[形容詞]:【発音】frɔ́sti【カナ・読み方】フロスティ【比較級・最上級】frostier | frostiest

意味:霜が降りた、とても寒い

 

覚え方のイメージは、

霜が降りた寒い山とシカ

frost:霜が降りるくらい冷たい

 

frost は薄い氷のまくのこと。

日本語では霜[しも]と言いますよね。

霜で真っ白になっているようなすごく冷たい状況や、人の態度が冷たいことを表現できる英単語。

 

『icy』の詳しい意味と使い方は↓↓↓★

 

『frost / frosty』の意味・使い方・例文

 

ではそれぞれのパターンごとに詳しく見ていきましょう♪

👉『frost』の意味・使い方1:霜、厳しい寒さ

 

一つ目は名詞としての使い方で、霜、厳しい寒さ

霜自体のことや、気温が氷点下になって霜が降りるくらい寒いということ。

霜は温度が0度以下になった物体の表面に水分がついて、凍ってしまったもの。

実際は気温は5度以下くらいでも霜は降りるそうです。

  • severe frost:厳しい寒さ
  • frost damage:霜害

 

例文を見てみると、

👉  We had a frost today.

訳:今日は霜が降りた。

👉  There was frost in the garden.

訳:庭には霜が降りていた。

👉  The crops will be damaged by the frost.

訳:作物は霜によって損傷を受ける。

※crop[クロプ]:農作物

👉   My car was covered with frost when I left for work.

訳:出勤時には車に霜が降りていた。

霜が降りたベンチ

 

霜が降りる時期の表現は、

  • first frost:初霜
  • late/early frost:遅/早霜

霜が降りるということはかなり気温が低いということから、厳しい寒さの意味でもありますよ。

 

👉  The first frosts came last week.

訳:先週、初霜が降りた。

👉  We had a late frost in May this year.

訳:今年は5月に遅めの霜が降りた。

 

『freeze』の詳しい意味と使い方は↓↓↓★

 

👉『frost』の意味・使い方2:霜で覆う

 

2つ目は動詞としての意味で、霜で覆う、霜で覆われる

薄い氷のまくで真っ白になるということ。

寒い地方に住んでいる人は、冬の朝に車の窓ガラスが厚い霜で覆われてしまって、出勤などでてこずりますよね (^^;

  • frost over/up:霜で覆われる

 

英文中で使い方を見てみると、

👉  My car window always frosted over.

訳:私の車の窓にはいつも霜が降りていた。

👉  The road was frosted up.

訳:道路は霜で覆われていた。

 

★ケーキなどを作るときに、霜を降らせたように粉砂糖をかける、という意味もあります。

 

冬の寒い中の太陽と建物

 

次に形容詞形を詳しく紹介します♪

👉『frosty』の意味・使い方1:とても寒い、霜で覆われた

 

一つ目の使い方は、とても寒い、霜で覆われた

霜が降るくらい寒い状態のものや、霜で覆われて見るからに冷たいものに使います。

  • frosty air:冷たい空気
  • frosty weather:とても寒い天候

 

例文を見てみると、

👉  This morning was frosty.

訳:今朝は霜が降りるくらい寒かった。

👉  It’s frosty in the mountain.

訳:山には霜が降りている。

👉  I remember the frosty spring of the year.

訳:その年の凍えるような寒さの春のことを思い出す。

👉  Akiko cried on a frosty evening.

訳:凍てつくような夜、アキコは泣いた。

👉  I found a flower on the frosty ground.

訳:霜が降りた地面に花が咲いているのを見つけた。

冬の寒い中スケートするキツネ

 

『chilly』の詳しい意味と使い方は↓↓↓★

 

👉『frosty』の意味・使い方2:冷淡な

 

2つ目の意味は、冷淡な、親切じゃない

人の動作や態度が温かみがない、親切じゃないという意味で使います。

冷たい反応をされると、こっちの気持ちまで寒くなってしまいます (^^;

  • frosty look:冷たいまなざし/表情
  • frosty reception:冷淡な反応

 

英文で使い方を見てみると、

👉  Her eyes suddenly became frosty.

訳:彼女の目は急に冷たくなった。

👉  Akiko got a frosty message from him.

訳:アキコは彼から冷淡なメッセージを受け取った。

👉  I was confused by the frosty look on his face.

訳:私は彼の冷ややかな表情に戸惑った。

👉  He had a frosty relationship with his colleagues.

訳:彼は、同僚とは冷淡な関係にあった。

※colleague[カリグ]:同僚

 

 

スポンサーリンク

『frost / frosty』の意味・使い方・例文まとめ

 

今回は『frost / frosty』の意味・使い方・例文を紹介しました♪

意味的にはとてもシンプルなので覚えやすいかと。

初心者の方は『寒い、冷淡な』と言いたい時には cold や very cold を使えばいいんです。

意味はほとんど同じですからね。

でも英会話やリスニングではいろんな寒い、冷たいという表現が出てきます。

なのでやっぱりボキャブラリーがないと会話が成り立たないんです (^^;

 

「冷たい」の英語表現は↓↓↓★

同義語などの意味や使い方もチェック!↓↓↓★

freezeの意味【英会話で役立つ】4つの使い方と実用例文

chillyの意味【5分で分かる】3つの使い方と役立つ例文

icyの意味【英会話でも絶対必要な】5つの使い方と実用例文

 

👉 初心者向けのオンライン英会話の体験レッスンを受けてみませんか?

 

いろんな勉強をしても英語を話す機会がないと絶対に英語は上達しないです。

独学での勉強とオンライン英会話のレッスンを組み合わせれば、1ヵ月程度で効果を実感できますよ。

 

英会話学校なら一回のレッスンが5000円以上は当たり前。

オンライン英会話なら月に1万円以下で毎日レッスン可能です。[税抜き]

通常の格安のオンライン英会話だと日本語が分からない外国人講師といきなりレッスンが始まるので、初心者の方にはやっぱり気が重い。

QQEnglish なら最初に日本人スタッフのガイダンスがあるので、初心者の方、まだ英語になれていない人にも安心!

 

 

\【無料】で2回レッスンが受けられます/

無料で体験レッスンを受けてみてから、実際にオンライン英会話を受講するかどうか決めればいいと思います。

 

英語学習は基本的に時間がかかるもの。迷っているのであれば早く始めるべきです♪

 

 

 

スポンサーリンク

※参考にしているサイト

Cambridge Dictionary
Longman Dictionary
Oxford Learner's Dictionaries
Collins Online Dictionary
Weblio 辞書 : 英和辞典・和英辞典

 

-ネイティブ語感をマスター